<二酸化炭素>森林の吸収量を下方修正 環境省報告

地球温暖化を防ぐ国の主要対策の一つである植林や森林経営による二酸化炭素(CO2)の吸収量が当初目標の3.9%を大幅に下回る3.1%になるとの試算を環境省がまとめ、7日開かれた中央環境審議会地球環境部会で報告した。森林によるCO2の吸収不足で目標達成が困難になる恐れが出てきた。(毎日新聞)
[PR]
by 00mt082 | 2004-04-08 01:51 | 環境ニュース
<< <環境省>資源生産性が低下 0... 周辺の渋滞緩和でCO2削減/秋... >>