<   2004年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧

[セントレア夢の翼・中部国際空港への期待]/中 “復活”目指す観光産業 /愛知

◇有職者招き自主勉強会も
 「お金を落としてもらおうという羽織の下からよろいが見える姑息(こそく)な観光はダメ。訪ねる喜びがある、迎える喜びがあることが重要です」
 4月21日、美浜町奥田の日本福祉大で開かれた「観光大学」で、講師の内田州昭・愛知学泉大教授はそう語った。
 ピーク時には年間700万~800万人あった知多半島の観光客は、今では400万人前後と半数近くまで落ち込んでいる。南知多町内海でも、ホテルや旅館が次々と廃業した。観光大学は、美浜町小野浦風宮崎でホテルを経営する原義治さん(47)が、「空港ができると地域も国際化する。観光事業者として適応できるよう、世の中を知って自らを向上させよう」と同業者に呼びかけ設立した。半島南部の22施設から若手経営者らが参加し、毎月1回集まってサービス、食・料理などを研究。地元食材を使った料理も研究している。
 最初の講義では、内田教授が「観光とは何か」「魅力ある宿とは」などをテーマに話し、旅行雑誌「じゃらん」宿泊コンサルティング担当、稲荷山健生さんが、同地域の宿に対する利用客の評価を披露した。それによると、料理はまずまずだったが、部屋や風呂、接客サービスなど、他はすべて平均点以下。参加した若手経営者からは「目からウロコが落ちた」「今まで知らなさ過ぎた。これではいけない」と反省の言葉が続出した。
 ×  ×  ×
 知多半島は温暖な気候と豊富な魚介類、美しい自然が魅力。中部国際空港開港を、いかに地域の活性化につなげるかが問われる。知多半島の活性化策を提言している日本福祉大知多半島総合研究所の山本勝子主幹は「きれいな海があれば観光客が来る時代は終わった。知多には臨海学校も公共施設、ライフセーバーもなく、あるのは駐車場の客引き合戦。これでは安心して楽しく遊べない」と指摘する。
 こうした現状を変えようと、地元市町は県や経済界、農協、大学などと共同で、観光による地域再生計画を策定。国の認定を目指し、11日に申請する。近く推進母体となる組織も設立される。
 3月、常滑市で開かれた「セントレアと観光振興」シンポジウムで、同空港会社の平野幸久社長は、情報発信と受け入れ体制の充実、施設の活用を提言した。セントレアは、利用客と観光客合わせて1500万人が目標だ。乗り継ぎの合間に、遊びにきた人たちに、どんな観光が提案できるのか。これからが正念場となる。【林幹洋】(毎日新聞)
[5月10日19時51分更新]
[PR]
by 00mt082 | 2004-05-18 00:48 | 地方自治体

敦賀火電、木片燃料に発電試験 CO2削減見込む--24日から6月中旬 /福井

北陸電力は7日、福井県敦賀市泉の敦賀火力発電所2号機(出力70万キロワット)で、製材過程で出る樹皮や木片を燃料として活用する発電試験を24日から6月中旬までの間に15日間実施すると発表した。化石燃料に頼らない新エネルギーとして注目されるバイオマス(生物資源エネルギー)の一つ「木質バイオマス」利用の試みで、四国電力西条発電所に次ぎ、国内2例目となる。
 計画では、同市近郊の製材所などから出るチップ状の木片などを購入。通常燃料の石炭に混合した後、微粉炭機で粉末状にしてボイラーに投入して混焼する。混合率は重量比で3%を目標としており、期間中、約700トンを使用する。
 同電力では混合率1%で運転し続けた場合、年間で約6000トンの石炭が削減でき、約1万4000トンのCO2削減につながると見込んでいる。しかし、「今回は技術的に可能かどうかの検証」で、実用化には燃料コストや安定調達の課題がクリアされる必要がある。
 各電力会社がバイオマス研究に熱心な背景には、昨年4月施行の「新エネルギー利用等の促進に関する特別措置法」(RPS法)で、新エネルギーによる発電が義務付けられたことがある。毎年、経済産業省から各社への割り当て発電量をこなさなければならない。まだ、各社とも本格的な実用化の見通しまでは立っていないのが現状といえる。【兵頭和行】(毎日新聞)
[5月8日19時32分更新]
[PR]
by 00mt082 | 2004-05-10 00:22 | 環境ニュース

竹の侵攻、猛烈加速 スギ、ヒノキ息絶え--日田地方、NPOなど調査へ /大分

◇かん養保水力低下も懸念--採算割れ、高齢化でヤマ放置
 日田市・郡内で、スギ・ヒノキ林や広葉樹林内への竹の侵攻が勢いを増している。日田市役所勤務で森林インストラクターの財津忠幸さん(61)は「このままでは暴れ放題の竹山になり、水源かん養の保水力が失われるばかりか美観も損なわれる」と警鐘を鳴らし、NPOひた水環境ネットワークセンターや日田市民環境会議・水と森部会などが連携、実態調査に乗り出す動きも出ている。【楢原義則】
 天瀬町近原地区のスギ林。モウソウチクにぐるりと包囲され、土中の養分を奪われるのか息も絶え絶えの風情だ。財津さんは「日田地方だけでなく、県内や九州でも同様の光景が広がっているのではないか」と話す。
 竹の侵攻は平成に入って顕著になり、91年の台風などによるスギなどの風倒木被害や放置林の増加、近年の原木価格採算割れ、林業従事者の高齢化などを背景に猛烈加速したという。
 「かつて竹材は細工物や家造り材料に使われ、タケノコは庶民の台所を潤した。土砂崩壊防止効果もあり、竹林管理は行き届いていたが、生活様式の変化から放置されるようになった」「半面、竹がスギ林などに侵入すれば親の敵のように伐採した林家も、原木価格割れや高齢化などでヤマを手入れしなくなった」と分析する。
 財津さんが理事を務める水環境ネットワークセンターや、会員である水と森部会のほか、1月の日田自然愛好会総会でも問題化。実態調査に乗り出し、「土砂崩壊防止の竹林を除き、経済林や広葉樹林内に進入した竹を伐採して本来の里山林に戻すべき」と山林所有者の理解や協力を働きかける方針。(毎日新聞)
[5月8日21時2分更新]
[PR]
by 00mt082 | 2004-05-09 02:07 | 環境ニュース