<   2004年 07月 ( 2 )   > この月の画像一覧

バイオマス発電、プラント起動--高千穂牧場 /宮崎

◇家畜排せつ物を発酵
 都城市吉之元町の観光牧場「高千穂牧場」で28日、家畜排せつ物から発生するバイオガスを利用して発電する「バイオマスプラント」が起動した。これまで家畜排せつ物はたい肥などとして使われていたが、窒素分の流出による地下水汚染など環境への負荷が大きかった。プラントは新たな循環型のエネルギーシステムとして注目される。
 「バイオマス」とは、生ゴミなども含む有機性廃棄物の意味。「バイオマスプラント」では家畜排せつ物を約20日間かけてメタン菌で発酵させ、発生したメタンガスから硫化水素を取り除き発電機の燃料とする。処理後の排せつ物は液体肥料となり、においはほとんどなく窒素分も流出しにくいという。
 高千穂牧場では、乳牛約100頭などから出る1日5・2トンの排せつ物をバイオマスプラントで処理する。1日当たり360キロワットの発電が可能で、使用電力の6割を賄えるという。総事業費は1億3500万円。この日、関係者ら約50人が出席して起動式があった。
 牧場の瀬井往男・工務係長は「家畜排せつ物はイメージが良くないが、電気も作れるエネルギーだということを牧場に来るお客さんに示したい」と話している。【桐山友一】

7月29日朝刊 (毎日新聞)
[PR]
by 00mt082 | 2004-07-31 00:27 | 環境ニュース

NEC、電子機器での使用に耐えるバイオプラスチックを開発

著者: japan.internet.com 編集部 プリンター用 記事を転送
▼2003年1月28日付の記事
□国内internet.com発の記事

NEC は2003年1月22日、耐熱性と強度を大幅に改善したバイオプラスチックの開発に成功した、と発表した。

従来開発のバイオプラスチックは熱変形しやすく割れやすいなど、電子機器に使うには課題があったが、ケナフ繊維を補強材としてポリ乳酸に充填し、熱変形温度を1.8倍、強度(曲げ弾性率)を1.7倍に向上させることに成功。

ケナフは成長が速く、植物中で最高レベルの CO2 吸収する能力があるので、地球温暖化防止に優れている。このケナフの繊維を補強材としてポリ乳酸に充填して耐熱性と強度を改善、電子機器などに利用できるようにした。

NEC ではこの新素材を今後2年以内に電子機器で実用化していく予定で、さらに研究開発を強化していく。
[PR]
by 00mt082 | 2004-07-13 13:24 | 環境ニュース